相続対策と相続税のご相談なら税理士法人西川オフィス神戸へ。只今無料相談実施中!

法定調書作成




法定調書とは

法定調書とは、「だれがいくら、どのような種類の収入を得ているのかを税務署に知らせるため」に、各納税義務者に所得金額や資産等の状況の書類提出を義務付けているものです。 

1.主な法定調書の種類と提出義務者

法定調書の種類

提出義務者

給与所得の源泉徴収票・給与支払報告書  給料、賞与等
退職所得の源泉徴収票と特別徴収票  退職手当、一時恩給等
報酬・料金・契約金及び賞金の支払い調書  原稿料、印税、講演料、税理士弁護士・司法 
 書士等の報酬、外交員・集金人等の報酬等
 不動産の使用料等の支払調書  地代、家賃、権利金、更新料、名義書換料等
 不動産等の譲受の対価の支払調書  土地・建物等の譲受け代金
 不動産の売買または貸付の斡旋手数料の支払調書  不動産業者等の仲介手数料等

2.提出期限
原則として支払った年の翌年の1月31日

3.提出先
支払事務を取り扱う事務所、事業所等(会社など)の所在地を所轄する税務署
※但し、地方税法で義務付けられている「給与支払報告書」や「特別徴収票」については、その受給者(社員など)の住所地の市区町村に提出 

これらの法定調書は、本来、給与や報酬、料金等を支払った法人及び個人が自ら作成すべきものですが、大変手間がかかるため、その多くは税理士事務所に委託している場合がほとんどです。
税理士法人西川オフィス神戸では面倒な法定調書の作成&提出もあなたに代わって代行させていただきます。

その他給与計算関連ページ

年末調整
給与計算
給与計算関連Q&A