相続対策と相続税のご相談なら税理士法人西川オフィス神戸へ。只今無料相談実施中!

M&A




日本の中小企業の40%超の会社が『後継者がいない』のが理由で廃業の可能性があると言われています。また、仮に子供がいても、「事業に魅力を感じない」「将来性に不安があり、事業を継ぎたくない」などの理由で後継者にならないときもあります。かと言って役員や社員の承継を考えても、様々な問題があり、事業承継が困難な状況にあります。
そこで考えられるのがM&Aです。M&AとはMergers and Acquisitionsの略で、企業の合併・買収のことを言います。その手法には株式譲渡・新株引受・株式交換、事業譲渡、合併、会社分割などがあります。

1.会社を売る側のメリット 
・売却することで後継者不在でも企業を存続させることができる
・会社を存続させることで、従業員の雇用や技術の保全を図ることができる 
・株式を売却する方が廃業に比べ税制面で有利で、且つ譲渡益が期待できる

2.会社を買う側のメリット
・効率的に経営の多角化を図ることができる
・顧客、販売拠点、人材、ノウハウなどが取得でき、投資コストを抑えることができる
・短期間で売上・利益の増大を見込むことができる 

税理士法人西川オフィス神戸ではM&Aを含め、事業承継における最適な方法をご提案させていただきます。お気軽にご相談下さい。
 

その他事業承継関連ページ

経営承継
財産承継
事業承継関連Q&A